© 2020 紫山のごはん会

  • 紫山のごはん会
  • CHIKA SATO
  • mgohankai

紫山のごはん会 分室 / 7月の予定

7月の分室のご案内です。 分室は、私が主催するレッスンやイベントと、分室をシェアスペースとして使って他の方が開催するものがあります。 こちらのお知らせで併記しておりますが、それぞれ各主催毎のお申し込み・お問い合わせとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。 7/4(木) 出張茶藝館&中国茶講座 主催:Yagui 7/6(土) KDキッチン(夜) 主催:Yoshimi's KD Kitchen 7/7(日) KDキッチン(昼) 主催:Yoshimi's KD Kitehcn 7/10(水) 封筒コラボWS ft.GOLCONDA 主催:Bloom 7/12(金) 紫山のごはん会 毎日の食卓(昼) 主催:紫山のごはん会(お申込) 7/12(金) 紫山のごはん会 毎日の食卓(夜) 主催:紫山のごはん会(お申込) 7/14(日) 紫山のごはん会 毎日の食卓(昼) 主催:紫山のごはん会(お申込) 7/17(水) 紫山のごはん会 こなラボ 主催:紫山のごはん会(お申込) 7/22(月) ブーランジェリージラフのパン講座 主催:紫山のごはん会(お申込) ※airリザーブのご予約画面の内容に一部誤りがあります。 時間は午前11時〜午後1時半まで、内容はバゲットです。 お間違えのないようよろしくお願いします! 7/23(火) 量り売りマルシェ

7月のごはん会のご案内

7月のごはん会のご案内です。 7月はお待ちかね、ごはん会流カレーを作ります。さらっとして、スパイシーなカレー。 そして泉区館のノートルシャンブルにグランドメニューとして載せていただいていた、「ドライフルーツとナッツのカレー」を作ります。以前ごはん会でも盛り上がった、マイカレーパウダーも作りましょう。 私はさらっとしたインド風(?)のカレーが好きですが、家族はどろっとしたルーのカレーが好きだったりしませんか?市販のカレールーは小麦粉と油の塊なのでとてもカロリーが高いし色々入っているから心配という方も多いと思いますが、その辺の対応の仕方(笑)も私なりのやりかたを伝授いたします。 あともう一つ。 こなラボ、6月は日程がなくなってしまって開催できなかったのですが、7月は開催します。 7月はいよいよ「皮から作る水餃子」です。中身も2種類作ります。 6月にごはん会に参加した方は、市販の皮との違いがよくわかると思います。 ヘレンのママの水餃子のおさらいもできるかな! 先日仙台に来てくださった西邨まゆみさんにこなラボのお話をしたところ、小麦粉は蒸したり茹でたりして食べるのが良いのでとてもいいレッスンですね!と言って頂き、大変嬉しくなりました。 身近な一品として楽しんで頂けるようにレシピも工夫しています。 第1回から参加したいというお問い合わせもいただいていますが、また改めて開催しますのでもう少しお待ちくださいね。 紫山のごはん会 毎日の食卓 「マイカレーパウダーと、シンプルに作るカレー」 レッスン内容: マイカレーパウダー作り ドライフルーツとナッツのカレー ベジタブルカレー 野菜のおかず 参

シェアスペースイベントinfo / KDキッチン

7月6・7日は、NY発信のClean Eatingを提案するクッキングクラスKDキッチンが分室をご利用くださいます^^ 主催は毎回たくさんの笑顔で盛り上げる山ちゃんことYoshimi Yamakoseさんです。 今回もおしゃれな料理みたいですよー! 詳細はYoshimi's KD KitchenのFBをごらんくださいね。 https://www.facebook.com/yoshimikdk/

ジラフさんの夜パンレッスン

ジラフさんのパンレッスン、第1回目を開催いたしました。 初めて出会って、レッスンの話が出てから私たちも本当に楽しみにしていた日。 ブーランジェリージラフさんは苦竹にあるパン屋さん。 大きなお店ではないけれど、ひっきりなしに車が出入りしている印象。 ファンがとにかく多いのです。 その美味しさは「パンとワインとコーヒーと。」のイベントでも感じていただけたかと思いますが、 なんと言うのでしょう、噛みごたえとか食感とか、 口の中で感じるパンの美味しさが他とは違うんです。 ご本人曰く、粉の種類というよりも、技術を変えて作り上げているのだそう。 その技術や技の部分を教えてくれる座学なのです。 第1回のパンは「湯捏ね」。 食パンやバゲットなどで「湯捏ね」を取り入れたパンを食べ比べをしました。 どのパンも食感がよく、甘みがあります。 技術で作っている、ということがよくわかります。 私はそのパンに合わせて、 「黄色のミネストローネ」を作りました。 とうもろこし、かぼちゃ、黄色のパプリカ、黄色のズッキーニ、黄色のトマト・・・。 黄色の野菜の、元気が出る黄色のスープ。 トッピングには今が旬のそら豆を揚げて。 お茶はCHAYUANの「水鳥」を水出しにしたものをお出ししました。 次回のレッスンは7月22日。 第3月曜が海の日でお休みのため、第4月曜日に変更になっています。 テーマは「バゲット」。 今回もバゲットは出ましたが、また違う視点からのバゲットを持ってきてくれるそうです。 若干お席が増やせそうです。 お早めにお申し込みくださいませ。 ※airリザーブのご予約画面の内容に一部誤りがあります。 時間は

量り売りマルシェ

先日、ジャンボンメゾン さんの工房を見せて頂きました。 キジの鳴き声が響く自然溢れる中にある工房では、女性のスタッフさんがすべて手作業で大きな塊肉の筋取り作業をなさっていました。 ジャンボンメゾンさんには、商品開発で関わらせていただいています。 昨年発表した「ル・シイタケ」のレシピを作らせていただいて、 藤崎ではかなりの人気を頂いたそうで、大変ありがたく思います。 そして春夏コレクションに続いて現在秋冬コレクションを考案中。 乞うご期待です! 代表のタカサキさんとは「これ、いいよね」が一緒。 宮城で今輝いている彼女は雑誌Kappoで「宮城の100人」に選ばれています。 今発売中なのでぜひご覧くださいね! そのタカサキさんが以前から言っていた「量り売り」。 私もずっとやりたいと思っていました。 以前、泉中央のSwingで「あしたの種」を運営した時に、 野菜をはだかで並べることの難しさを感じました。 野菜をビニール袋に入れるのって実はすごく大変で、 ビニールにひっかかって葉が破れてしまうので、 新聞紙に一旦包んでから入れて新聞を抜いたりして、 ものすごく手間がかかるんです。 でもそれをしないとすぐにしなーっと元気がなくなってしまうんです。 それにビニールに入れたものと入れないものだと、お客様は入れたものを選ぶんですよね。 最初から値段がわかった方が簡単なんですよね。 その経験から、量り売りはハードルが高いという認識はしていました。 その上での「量り売りマルシェ」。 それを「やりましょう!」と踏み出したのはPLANNING LABORATORYのさゆりさん。 参謀のひとり、いやもはや

仙台ー台北ルート考察。

2つ前の記事でも書きましたが、5月と6月とまたいで台湾に行ってきました。 ご報告はごはん会の中でする予定ですが、 よく質問されるのが、「どの便で行ったらいいの?」ということなので、 私なりの選択をお話ししますね。 今回私は、 行きはANAで仙台〜成田、それから京急で羽田に移動して羽田から台北(松山)へ飛びました。 そして帰りは台北(松山)から羽田、そこから東京駅へ移動して新幹線で仙台へ。 どうしてこういう複雑なルートを使ったのかというと、 帰りは一人ではなかったので同行者に合わせたのですが、 行きはひとりだったので、 できるだけANAのスカイコインを使いたかったのと、 ANAのルートの中で若干ながら金額の低い成田ー羽田の移動ルートを経験してみたかったのでした。 その上羽田ー台北便は松山空港到着が4時頃と早いため、現地で時間を有効に使えます。 仙台からのLCC(ピーチ、タイガー)を利用すると夜遅く着いて朝早く帰らないといけませんよね。 それに発着が台北市内から電車で35〜50分かかる桃園空港ですから入国審査を終えて電車に乗り、台北に着くには下手すると2時間近くかかってしまうわけです。最初と最後はほぼ移動だけになってしまいます。 仙台からの直行便はエバー航空も運行していますが、到着は18:55か23:00(曜日で違う。7月より)になっています。 一方ANAやJALを利用すると成田、羽田、名古屋、関空など国内乗り換えの選択肢が増えます。 ただし、国内が長いほど価格は高くなるようです。 ANAだと成田か羽田、JALだと関空乗り換えかな? 私は主にANAを利用しているので今回そ

スペースレンタルについて。

私は、料理教室の他に専門家として商品開発やメニュー・レシピ開発、商品プロモーションのアドバイス、料理写真のスタイリングなど、「食」に関わる様々なことに関わらせていただいています。 私にとって主軸の仕事は「料理教室」と考えておりますが、そういった外での仕事もとてもやりがいがあり、大切にしている事業です。 生産者や加工業者と繋がって色々な話を伺い、それをごはん会で伝える。 ごはん会の参加者の「消費者」としての声を生産者や加工者などにも伝えて商品作りに活かしてもらう。 今この活動をしている私だからこそできることだと思い、精一杯やらせていただいています。 そのこともあり、料理教室は頻繁には開催していません。 分室では月ごとのメニューを作っていますが、毎月4〜5回ほどです。 ひとり分室で試作などの作業していることもありますが、シャッターを閉めてバックヤードにこもっていることも。つまり、分室はシャッターが閉まっていることが多いのです。 でも、私ひとりで持て余している状態ではもったいない。 ここを多くのハイセンスなみなさんの情報発信の場にしていきたい! ということでこの分室というスペースを時間でレンタルいたします。 この「レンタルスペース」としての利用はオープン前から考えておりまして、このお話をした方々の中で実はもう既に使って下さっている方々もいらっしゃいます。1日貸切にして商品撮影のスタジオとして使っている方も。 展示会、販売会などにもお使いいただけるかと思います。 単発のイベントだけではなく、毎月連続のご利用も可能です。 分室をオープンしてからこのルールについてなんどもシミュレーションし

6月のごはん会のお知らせ

先日、台北に行ってきました。 6回目?かな? 今回はあちらでの料理教室ではなく、半分仕入れ、半分お仕事的な感じで3泊4日の旅でした。 やっぱり台湾、楽しい! 今回はひとりでバスに乗りました。 あちらのバスは停留所でも手を挙げてアピールしないとものすごいスピードで通り過ぎてしまうので、ドキドキ。 そして中国語のアナウンスが全く理解できず、降りそびれるといけないので運転手さんのすぐ脇でずっと待機。笑 無事についたのは日本でいうと「巣鴨」のような、と言われる街。日本人観光客は見当たらず、英語さえも通じないところで指差しで買い物してきました。 九份のような代表的な観光地には行ったことがなく、どちらかというとレトロな街並みを楽しみながらキッチュな雑貨を探して歩き、地元民の生活を眺めるのが好きです。 帰国直後に、中国茶藝師の伊藤忍さんが、分室で「台湾茶藝館」を開いてくれました。 私が台湾で買ってきたお茶受けも一緒に楽しんでいただきました。 お互いの台湾話で盛り上がりましたね! 最近は行ってきた方が増えてそれぞれに楽しんでいらっしゃるので、 知らない場所の話を聞くと、また行きたくなってしまいます。 私は何度も行っているのでよく、「ツアー組んで!」と言われます。 もう、一緒に行きたい人たくさんいて、現地では「あー○○さんここ好きだろーなあ!」と 色々な顔が思い浮かんでしまいます。 ほんとは毎月毎週誰かを連れていきたいくらい!笑 でもそうもいかないので、笑 今回の台湾旅のご報告をかねたごはん会を6月にしようと思います。 今回は台北の街を歩きながら、「LCCで仙台から行った場合の2泊3日ルート