© 2020 紫山のごはん会

  • 紫山のごはん会
  • CHIKA SATO
  • mgohankai

ワインベーコンイベント、明日開催です!

川崎町にあるファットリア アルフィオーレのワインの澱で熟成させ、剪定したぶどうの枝で燻製にした、 完全無添加のベーコンの販売のお知らせです! すでにSNSで拡散され、多くの方からご予約を頂いておりますが、 目黒さんの計らいで若干名でしたら当日受け入れ可能ということになりましたので、 こちらでインフォメーションさせて頂きます! ワインベーコンも、多い方はお一人様3本とお取り置き頂いております。 ジャンボンメゾン もご予約数より多く持ち込んで頂く予定ですので、 追加、または当日ご予約なしでのご購入も可能とのことです。 ただし、ワインベーコン、シャルキュトリー&パスタ共に予定数を超えてしまった場合はご容赦願います。 ・・・・・・・・・・・・・・ アトリエドゥジャンボンメゾン が描く「作り手から買い手へ直接手渡す、オートクチュールのようなシャルキュトリー」。 それが実現いたします。 ファットリア アルフィオーレのワインの澱に漬け込み、選定されたぶどうの枝で燻製したベーコンを作り、熟成を終えました。 完全無添加のベーコンは、口に入れた途端に広がる上品なワインの香りとワイルドな燻製の風味。相反する2つが奏でる味は唯一無二です。 この個性あふれるスペシャルなベーコンの、 紫山のごはん会分室で販売会を開催します! そしてなんと当日は、目黒さんのパスタとワインを分室でお召し上がりいただけます!こちらはベーコンをご予約頂いた方のみがご予約可能です。 ・・・・・・・・・・・・ ワインベーコン販売  250g 2700円(税込2970円) 限定80本  *ご予約優先とさせて頂き、

蚤の市、ありがとうございました。

29日は初の「分室蚤の市」を開催いたしました。 ご来店くださいました皆様、どうもありがとうございました! 開店前から分室の前には行列ができて、11時オープン直後から人で溢れ、 ワタワタとしているうちにカウンターの上に並べていた食器や布がほとんど無くなり、 我に返って時計を見たら12時前でした。。。 食器も布も一つ一つ、ごはん会でどんなコーディネートをしたのだとかどの撮影に使ったとか、画像を見せたりお話したりしたいと思っていましたがそんな余裕は全く無く。 おひとりずつきちんとご対応できずすみませんでした。 でも、思いのあるものたちが新しい場所で輝いてくれることを非常に嬉しく思います。い どうもありがとうございました! 今回は才能溢れる友人たちに声がけして出店してもらいました。 直前だったにも関わらず家に眠るお宝を持って駆けつけてくれて、本当に楽しい時間でした。 みんなとっても大好きで、自慢したい方ばかり。 優しいことも、厳しいことも言ってくれます。 ほんとにほんとにありがとう! 分室のイベントやごはん会にいらしてくださる皆様の顔もたくさん見れて、 本当に幸せな一日でした。 また機会を作って蚤の市、やっていきたいと思います。 画像は頂きもの。 90歳のおとうさんが収穫したという超ジューシーなすだちをたくさん。 入れているのは大きな漆の鉢。時代を感じさせる凸凹が何時間見ていても飽きない。。 どうもありがとうございました!

男のごはん会、仕切り直しします。

分室で男のごはん会、募集してみましたがお申し込みorお問い合わせを頂いていないので、 ひとまず仕切り直しということで一旦募集を締め切らせて頂きます。 曜日とか時間とかで私も迷っていましたのでやりやすい時間を模索してみたいと思います。 年明けてから改めて。 ちょっと気持ちはあるんだけど・・・ という方いらっしゃいましたら、CONTACTよりお問い合わせくださいね。

11月1日 アルフィオーレXジャンボンメゾン X紫山ごはん会コラボ ワインベーコン販売会

ずっと前から計画していたイベント、 満を持してのインフォメーションです。 ジャンボンメゾン が思い描くシャルキュトリーの形。 それは無添加で自然なベーコンやハム。 しかし「流通」の中で安心を届けるためにはたくさんの壁が存在します。どういう形で「本物」を必要としている方々の手に届けるか、をジャンボンメゾンのタカサキさんは常に考えています。 私、料理教室「紫山のごはん会」を主宰する佐藤千夏(さとうちか)はフードクリエイターとして県内外で数々の農水産物加工品の商品開発に関わっており、わかりやすく伝わりやすい商品設計に定評を頂いております。 昨年のジャンボンメゾン のヒット商品「Le Shiitake」の商品開発にも関わっており、今年も新作を近日発表予定です。 タカサキさんと私、 二人が出会い、意気投合し、新しい事に色々なチャレンジを始めたのは1年前から。 その中で話し合ってきた「これからの作り方、売り方の形」。 結論はやはり、「作り手から買い手へ、欲しいものを欲しい分だけ」というシンプルだけど今の日本には少ないスタイルでした。 PLANNING LABORATORYの渡辺沙百理さんの手を借りて毎月開催している「量り売りマルシェ」もそのひとつ。脱プラスチックの提案です。 お客様はみなさんカゴやマイバッグに密閉容器やファスナーバッグをたくさん入れて買い物に来てくださっています。ジャンボンメゾンは重いスライサーと大きなハムの塊を毎回運び込み、お客様の好みの薄さで必要な量を量り売りしています。切りたてのハムの美味しいことと言ったら! おいしいハム目当てに常連さんも増えつつあります。 でもま

10月29日蚤の市を開催します。

10月29日、蚤の市を開催します。 自宅でやってきたごはん会は、 まずテーマを決めたらイメージに合ったクロスを見つけ、そのクロスから使う食器やそれに乗せるお料理を考えていたので、クロスはとても重要でした。 ですから気に入ったら10cm2000円くらいする生地でも購入していて。 でも一つのテーマでの開催は5〜7回程度ですからそれが終わったらその生地はお蔵入り。 リネンの色無地をよく使っていた時には自分で服やクッションカバーなどを縫って使い切っていましたが、 派手な生地は使いようがなくて。 そういう生地をどなたか使って下さる方に! との思いがあり、蚤の市を開くことにしました。 出品するのはそういうクロスと、撮影などで使った食器など。 クロスはフルサイズ(幅がだいたい120〜150cm)で240cm長さです。 数回使用しているのでシミがありますがそのままの販売となります。カットもしない予定です。 そして、それだけじゃつまらないので友人たちにも声をかけました。 才能ある友人たちが素敵なものを出品してくれる!はずです^^ 当日まで徐々にインフォメして参りますね! 日時は 10月29日午前11時〜17時まで 場所は 紫山のごはん会分室 仙台市青葉区通町2−16−24     地下鉄&JR仙山線北仙台駅より徒歩4分 お車の方は近隣のコインパーキングをご利用ください。

男の料理教室を分室で開催します。

7月にこちらのブログで男の料理教室しませんかー?と書きましたが、 実はどなたからのアクセスも無く。笑 個人的にお話する中で興味ある、と言われたことはとても多くて、 みなさまシャイでふんぎりがつかないのかなーと勝手に考えております。笑 なので今月26日土曜日にお席を設けました。 お料理できる人とできない人、男性はレベルが相当違うと思われますが、 しっかりお料理できて、レベルの高い事をしたい!という方にはいつか別の席を設けて楽しいマニアック料理をしたいと思います。 今回は、家庭料理の基礎を学んで普段の食事をより良くしたい人、 彼女や奥様にいいとこ見せたい人! 優しく教えますので(笑)ぜひお越しください。 私、佐藤千夏の料理は「家庭料理」です。 シンプルなレシピでセンス良く楽しむことを提案しています。 作り方はシンプルですが、 出し汁やスープは自分で作る 市販の合わせ調味料は使わない 本物の調味料を使う 化学調味料や添加物を使ったものは極力選ばない 食材はできるだけ自然に育った旬のものを使う 電子レンジは使わない 素材の味がわかる味付けをする という事を大切にしています。 エコノミーではなく、エコロジーでサスティナブルな料理を作りたいと思っています。 ですからシンプルと言っても手間はかけます。 10月は「フライドチキン」を作ります。 下味をつけて、スパイスを調合してまぶして揚げる、「唐揚げ」じゃなくて「フライドチキン」。 ファストフードとの違いがわかったらいいな。 それに合わせてコールスロー風サラダなどを用意します。 私もどうなるかドキドキですが、 ご予約をお待ちしております。 10