量り売りマルシェの中止・延期のお知らせ


最初は遠い海外の話と思っていたことが、

すぐ傍に忍び寄る恐怖に変わってしまいました。

宮城県内で感染症に対応できるのは28床だけ。

もし感染者がオーバーフローしたら、

大切な人が適切な治療を受けられず命を落とす危険があります。

そのような事態はなんとしてでも防がねばなりません。


量り売りマルシェ主催のPLANNING LABORATORYのさゆりさん、ジャンボンメゾンのタカサキさんとは感染の動向を見ながら何度も話し合いを重ねてきました。


入り口での手指消毒やマスクの励行、ドアを開放するなど対策についても検討を重ねてきましたが、

4月8日と19日に予定していた量り売りマルシェは中止することに決定いたしました。

出店者やお客様の健康と、その周りにいる家族や大切な方々を感染のリスクから少しでも遠ざけたい、1日でも早く収束を迎えたい、という共通の思いです。


サンドイッチをテーマにした8日の清明の会は大好きな麦家さんも初めて出て頂ける予定でした。主催側もとても楽しみにしていたので大変残念ですが、必ずリベンジしたいと思います。



感染を防ぐと同時に必要なのが「免疫力を上げる」、つまり罹らない、罹っても重症化しない体の強さを身につけることだと私は考えていますが、

まるで震災の時のように買い溜めが始まっているようで、

インスタントラーメンが無い、なんて報道を見ました。


もし自分が濃厚接触者になった場合に外に出なくてもいいように、という思いでしょうか?

電気もガスも水道も止まるわけではないので非常食である必要はないし、

インスタントラーメン大量に食べていたらそれこそ免疫力が落ちてしまいます!


その代わりに新鮮な野菜を買って食べて欲しい。

シンプルに焼くだけ、茹でるだけで無添加の調味料をちょっとかけるだけでいいのです。

もう少し時間があったらお味噌汁を作って欲しい。

野菜をたっぷり入れたお味噌汁ならそれだけで栄養がたくさん摂れます。

もう少し頭を働かせられるなら「まごわやさしい」を取り入れて。


子供のおやつもじゃがいもを蒸してバターを載せたり、

ホットケーキミックスでドーナツにしたり。

お腹が満たされると心も落ち着くので

おにぎりなんかも喜びます。


正しく食べて、免疫力をあげましょう。

1日も早く収束するように、みんなで協力して乗り切りましょうね。

料理の相談はメッセンジャーなどでいつでも受けますよ。

みなさまとまた楽しく集える日を楽しみに私もがんばります。





154回の閲覧

© 2020 紫山のごはん会

  • 紫山のごはん会
  • CHIKA SATO
  • mgohankai