© 2020 紫山のごはん会

  • 紫山のごはん会
  • CHIKA SATO
  • mgohankai

ご来店ありがとうございました!


2月18日のイベント「パンとワインとコーヒーと。」、

たくさんの方々にお越し頂きまして本当にありがとうございました!

おかげさまで盛況のうち終了いたしました。

今回の出店者3名は全員男性。

期せずしてそういうことになったわけですが、

音量大きめにジャズを流す中彼らの醸し出す空気感がなんとカッコいいこと。

彼らの選んだこだわりのパン、ワイン&チーズ、そしてコーヒーはもちろん絶品!

佐藤商店さんはこのイベントのためにわざわざ細かい手続きの必要な申請を行ってくださって

グラスに注いでの販売だけではなくボトルでの購入も可能にしてくださったので、

お車でお越しの方々も自然派ワインをおうちに持って帰れてよかったです!

ワインは初心者でも分かりやすいものをご用意して下さったようで、

私は残念ながらワインは詳しくないのですが、1本主人に買うことができました。

そして私の大好きなナチュラルチーズは4点。

どれも丁寧に作られた事を感じる優しいお味。

その中でもロックフォールは驚愕の美味しさで私は即買い! そのワインとチーズの情報を、手書きで、それもラベルまで描き写したものをカラーコピーで資料としてご用意してくださっていたのです。 そのきめ細やかさには敬服します。

思いやりのある販売をなさっているんだなあと思いました。

サニーサイトコーヒーさんは重いマシンを持ち込んでくださいました。

赤いマシンが分室のキッチンに異常にしっくりと収まっていて。笑

そのマシンもさることながら、温度計付きのドリップポットやコイントレーなど、 一つ一つの道具がどれも素敵でした。

私はドリップコーヒーとカプチーノを頂きました。どちらも言うまでもなく美味しい! 次は抹茶ラテも頂きたいです! そしてブーランジェリージラフさん。 オープン前、普段調味料を並べて置いてある棚にずらっと並んだパンは圧巻でした! そしてなんと、オープンから1時間半で完売。 ジラフさん、普段あまり焼かない珍しいパンを多く焼いてきてくださったのですが、 お客様ひとりひとりとちゃんと対話をして、それぞれのパンについて理解してご購入頂きたい、とおっしゃっていました。

普段はお店に立つ事が少ないジラフさん、お客様と対話ができて良かった!とおっしゃっていました。

パンについての熱い思いが伝わってきます。

その3つ(チーズを入れて4つですね)の逸品を引き立てるべく私もお料理いたしました。

今回使用した使い捨て容器が予定していたお料理と大きさが合わなかったり、フムスにオリーブオイルを注いだら容器に浸みてしまったりと小さいアクシデントもありましたのでリベンジしたい思いもフツフツ沸きつつ(笑)、

たくさんの方に買って頂けたことを大変嬉しく思っております。

グリーンスープは玉ねぎの皮やキャベツの芯などいわゆるクズ野菜にハーブを加えて煮出したベジブロスを作り、

改めて玉ねぎやジャガイモ、キャベツなどをそれで煮込んで作ったスープです。

緑色なのはほうれん草とグリーンピースをピューレにして加えたからです。

温まっていて頂きたい思いで作りました。

一番手間がかかったのは「ブッダボウル」というサラダ。 レタス、くらかけ豆、もちむぎ、キヌア、グリーンスプリットピー、デリシャスファームのトマト、きゅうり、ロマネスコ、そしてピンクのチコリの葉とケールを添えました。

雑穀や豆を1種類ずつ浸水して茹でて、下味をつけるという作業がなかなか大変でしたが、栄養が色々とれてとても良い食べ方だと思うのです。仙台ではまだ見かけない様子。 ちょっと変わった「折り紙カップ」という紙容器に入れて、パラパラと開くと画像のようになるんです。これだと食べやすいですよね。素材が柔らかく蓋がきちっと閉まらないので持ち運びにはテープなどで止めないといけないのですが、これから使う人が増えそうな気がします。

他にもフムスやジャンボンメゾン のソーセージ、クッキーやキャラメルなど・・・。

色々作りましたが完売いたしました。

どうもありがとうございました!

もっともっと書きたいことがあるのですが、

だらだらと意味のわからない文章になりそうなので、 また後日書きたいと思います。

最後にひとつだけ、「次回開催、します!」

ご来店、ご協力してくださいました皆様に心から感謝申し上げます。


77回の閲覧